フィリピンの公用語『フィリピン語(タガログ語)』を読み仮名付きで公開。単語を増量しました。
単語集(1)
・0〜10までの数字
・食べ物
・飲み物

・食卓
・食事処

・動物
単語集(2)
・服飾
・化粧
・色
・建物と職業
・病院関連・症状
単語集(3)
・感情表現・行動
・大使館・書類
・チケット

・季節・時間
西 和単語
Silangan Kanluran Timog Hilaga タガログ語表記
シラーガン カンルーラン ティーモッグ ヒラーガ 発音仮名
日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
Linggo Lunes Martes Miyerkules Huwebes Biyernes Sabado
リンゴ ルーネス マルテス ミイェルクレス フウェーベス ビイェルネス サーバド


・タガログ語とは

フィリピン共和国の公用語のひとつ。フィリピンでは英語に並ぶ頻度で使われる主要言語です。
このタガログ語を元に国語として、『フィリピン語』が制定されました。

・公用語は英語とフィリピン語の二つですが、フィリピン人が使う言葉で母語(出身地域や民族などによる言葉)は100を越えます。
タガログ語自体にも英語や中国語、スペイン語(カタロニア語)などの外来語が浸透し、中には強く影響を受けて形が変化したものもあります。
お酒はAlcohol、お米はRiceなど英語表記と同じものから、日本的にいえば【比製英語】にあたるもの、レタスがLetsugas(英語だとLettuce)、人参がKarot(英語だとCarrot)と書くようになっていたりもします。

※基本的に会話や単語など、(アメリカ)英語でほとんど通じます。レストランなどのレシートには英語で品名などが表記されるようです。