料理&フィリピン事情通
2/2
ページ
▼料 理
▼フィリピン事情通 ▽食事情 ▽スポーツ ▽乗り物 ▽コンビニ ▽連絡手段 ▽教会



フィリピンで見つけたちょっと面白いもの


フィリピンの食事情
フィリピン料理はスペイン、中国など様々な食文化の集合体です。フィリピンの風土、海で育まれた素材をフィリピン人好みに味付けして振舞われます。

貝の焼き物

貝の炒め物

赤ピーマンを使った料理
-味-
甘さが好まれ、辛いものは普段口にしません。食べ慣れないせいか辛いものが苦手で、たまに口にすると驚くほど辛がります。辛いものに対して感覚が敏感になっているようです。
海鮮、野菜、肉などの料理はお米に合うように味付けがされているので、日本人の口にも合うのではないかと思います。
ただはっきりとした濃い味付けを好むので、素材の味を残す日本料理とはまた違う味わいになるかもしれません。
しょうゆ、マヨネーズ、ケチャップなどおなじみのソースもフィリピンでは売っており、味付けに使用されています。
-お米-
フィリピンで食される米はインディカ米。ジャポニカ米より細長い形で、日本ではタイ米として知られています。独特な食感と風味を持ち、混ぜ合わせて食べるおかずと相性抜群です。
-お酒-
フィリピンのビール『サンミゲール』は世界へ輸出されている人気のお酒。ラム酒の『タンデュアイ』はサトウキビから作られる蒸留酒でで、安い小瓶は日本円で50円以下で売られています。
値段はおおむね安く、手に入りやすいです。
個人での酒製造を禁止されていないフィリピンでは、ヤシの木の樹液から自家製の酒『トゥバ』を作り、楽しむこと良しとされています。
-食事の作法-
食事の際使用するのはフォークとスプーン。
多くのフィリピン料理は米食です。プリン型に盛ったご飯におかずをスプーンですくって乗せ、ご飯とかき混ぜてからいただきます。

食事を振舞われた際は食べきらず、ほんの少し残すのがマナー。残すことで、お腹一杯、満足しましたという意思表示になるのだとか。
そして一番のマナーは、リラックスして楽しんで食べること。ビジネスの場やよほどかしこまった場で無い限り、和気藹々とご飯をいただきましょう。

-食事のスタイル-
作法とはまた違うフィリピンでメジャーな食事スタイルの話です。古来から一般的であったのは、素手で口に食べ物を運ぶスタイルでした。近年は欧米化が進んでいるためフォークとスプーンを使うようになったということです。しかしナイフはあまり使わず、スプーンなどで肉も切ります。(ナイフを出す店もあります)
それらの際のカチャカチャと食器が鳴る音は特に気にされていません。

宴会や仲間内で食事に誘われた際は手土産を持っていくことが普通なのだそうで、場合によってはその都度きちんと食事代も持参して向かうそうです。
作法の欄で書いたリラックス〜の中には、食事中の立て膝、足組み、食器音、咀嚼音など、日本で行儀が悪い




フィリピンの飲み物事情

フィリピンは常夏の暑い気候のせいか、温かい飲み物を飲む機会はさほどありません。
人気なのはコーラなどの甘い炭酸飲料やミネラルウォーター、果実のジュースなど。
もちろん紅茶やコーヒーもありますが、飲まれる頻度といったら・・??

フィリピンの紅茶
フィリピン人はそれほど飲む機会は無いようです。日本でもおなじみのリプトンのTバッグなどはスーパーやコンビニなどで売られています。そしてフィリピンで注文したアイスティーはとても甘いです。それが南国らしさを感じます。


フィリピンのコーヒー
コーヒー豆栽培が主要産業であった時代からフィリピンでは長く愛されてきた飲み物です。現在では多少値段が高価になりましたが、広く親しまれています。大きなモールにはカフェやスターバックスなどのコーヒー店もあり、スーパーやコンビニでは砂糖と粉ミルクがミックスされたインスタントコーヒー、カップ付のコーヒーなども売られています。
フィリピンの一般家庭ではインスタントコーヒーが珍重され、客人をもてなす際に出されるようです。


BARAKO(バラコ)コーヒー
リベリカ種のコーヒー豆から淹れたコーヒー。濃く、強い苦味が特徴的な、フィリピンで古くから愛飲されている品種です。


スペインからもたらされた、アフリカ大陸のコーヒー豆栽培
かつてフィリピンはコーヒー豆を輸出品として多く栽培していました。しかし1800年代終わり、虫による被害で農場は大ダメージを負ってしまいます。それから戦争なども経て徐々に規模は縮小し、今では多くを輸入する側となっています。
古くからフィリピンが栽培してきた豆は『リベリカ種』という品種で、強い苦味が特徴的な豆だそうです。
このリベリカ種の豆は、生る樹木自体の成長が遅く、木は大きくなりますが豆の収穫数は多いとはいえないという、とても栽培には適さない品種です。この豆は世界的に見ても栽培農家は少なく、希少種として珍重されています。
現在フィリピンでは少しずつコーヒー栽培が復活しつつあるようで、比較的安価で育ちやすいロブスタ種を中心に輸出しています。その中で、フィリピンで馴染み深いリベリカ種栽培を盛り立てて行こうという働きがあります。
将来「フィリピンのBARAKOコーヒー」として日本でも飲めるようになれば良いですね。

コーヒー豆知識
コーヒー豆の中で、「アラビカ種」「ロブスタ種」「リベリカ種」は三大原種として認知されており、そこから派生、変種した豆もいくつかあります。現在種として公知されているのは60種ほど。味、香り、香ばしさ、色、鮮度、様々な特色に加えて、水、挽き方、焙煎、淹れ方など、様々な工程によっても味が変わっていきます。

世界で一番流通しているのはアラビカ種で、全体の70%以上を担っています。ロブスタ種は酸味が強く味の濃い豆で、主にインスタントコーヒーの原料になったり、ブレンドに使われるなどします。
そしてリベリカ種は全体の1%ほどしか栽培されておらず、希少種として扱われています。


→フィリピンのお店

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

フィリピンで獲れる新鮮な魚介類

白身魚
フィリピンの生簀で発見したお魚たち。白身の魚で美味しいです。

生簀(いけす)の魚達

新鮮さを保つため、頻繁に水の入れ換えをしていました。水槽に張ってあるのはタガログ語、中国語、英語?魚の種類が書いてあるようです。生簀の魚や海老は少々値段が張ります。


アワビ
日本では高級食材として高値で取引されるアワビですが、フィリピンではリーズナブルな値段で食べることが出来るお店もあるようです。ただ調理の方法は、和食的なワビサビとは程遠い、切って焼いてオイスターソースをかけて・・・というフィリピンの焼き物にはポピュラーなもの。少しもったいないかも?


イセエビ
こちらもアワビ同様。立派なイセエビです。



※この海老が
                 ↓↓↓

※こうなります。

生簀から取り出した海老は日本円で3000円、〆てある海老は2000円程度だそうです。写真の料理のオーダーは後者で調理していただきました。味噌は少なく、身は淡白。オリエンタルな味わい。











料理屋の店員

向こうのお店では制服らしきものはあまり無いそう。なぜバスケのシャツなのか?
フィリピンではバスケットボールが人気なので、着ている方は結構いらっしゃるようです。



フィリピンで人気のスポーツ
ボクシングとバスケットボールが有名。特にフィリピンボクシングは大きな試合のある日にはテレビ観戦のため人が屋外からいなくなったり、試合後に結果の号外が配られたりするなど関心が非常に高いです。屈強な選手を世界に多く送り出していることからも、ボクシング強豪国といえます。

フィリピン国内でトップスター選手の一人、「マニー・パッキャオ選手」は数々の戦歴と一流選手に勝ってきた事からフィリピンのみならずアジアの英雄として語られ、国内外問わず多くのファンを魅了して止みません。北京オリンピックではプロのボクサーは出場できないため競技への参加は叶いませんでしたが、『フィリピンの顔』としてフィリピン選手団の旗手を勤めました。

マニー・パッキャオ(Manny Pacquiao)フィリピンの英雄、現役のプロボクサー。
The Destroyer(破壊者)」、「Mexican Killer(メキシカン・キラー)」などの呼び名があったが、格闘競技における殺伐とした呼び名を苦手とし、自身もファンだというゲームのパックマンから自分の名前とかけて「Pacman(パックマン)」というニックネームで呼ばれたとき、他の試合でもそう呼んでくれるよう要請したそうです。こう呼ばれた由来は「大物ボクサーを次々と飲み込む番狂わせの勝利を起こしたため」なのだとか。
彼の出自と今現在フィリピンの英雄として祖国を背に戦っていることから、悪役(ヒール)的な呼び名は彼の誇りが許せなかったのかもしれません。

2008年6月28日、WBCライト級王者のデビッド・ディアス選手とのタイトルマッチに勝利し、史上9人目となる4階級制覇の偉業を成し遂げました。後の2008年には元6階級王者のオスカー・デ・ラ・ホーヤ選手を相手勝利を収め、ドリームマッチと称された試合を制しました。この試合はフィリピンでのテレビ視聴率98%を記録。ちなみにこの試合当日『フィリピンのアティエンザ環境天然資源相が2009年度予算の審議をすっぽかして、パッキャオ選手の応援に駆けつけた』という珍事件が起きました。
他にもフィリピン国内でボクシングでの賭博が後を絶たないことから、キリスト・カトリック教会からパッキャオ選手を挙げて『賭博は悪癖であり、英雄の戦いを賭博に使わないでほしい』といった主旨の声明が発表されるなど、影響力は非常に強いようです。

2009年11月14日、アメリカラスベガスにてミゲール・コットの持つWBO世界ウェルター級王座に挑戦。この日街中から人が消え、皆テレビ中継にかじりついてパッキャオ選手へ声援を送っていました。パッキャオ選手は勝利を収め、5階級制覇を達成。WBO世界ウェルター級王座とWBCが新設したダイヤモンド王座を獲得。この勝利はフィリピンで号外が配られるなど、国を挙げておおいに湧き上がりました。

パッキャオ選手の勝利を一面で伝えるフィリピンの新聞。

右の新聞は対戦前の会見の様子。
以下はパッキャオ選手が制覇した階級です。

WBCフライ級
・1998年12月4日、WBC世界フライ級王座タイトルマッチにて
チャチャイ・ダッチボーイジム選手にTKO勝ち
IBF Sバンタム級/2階級制覇
・2001年6月23日、IBF世界ジュニアフェザー級タイトルマッチにて
レーロホノロ・レドワバ選手にTKO勝ち
WBC Sフェザー級/3階級制覇
・2008年3月14日、WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ/リングマガジン世界スーパーフェザー級王座決定戦にて
ファン・マヌエル・マルケス選手に判定勝ち
WBC ライト級/4階級制覇
・2008年6月29日、WBC世界ライト級タイトルマッチにて
デビッド・ディアス選手にKO勝ち
WBO ウェルター級/5階級制覇
・2009年11月14日、WBO世界ウェルター級タイトルマッチにて
ミゲール・コット選手にTKO勝ち

以上とは別に、マイナータイトルではありますが、『フェザー級』のマルコ・アントニオ・バレラ選手と『S ライト級』リッキー・ハットン選手に勝利していることで、実質上の7階級制覇と呼ばれることもあります。



フィリピンで宝くじ
有名なのが『LOTO(ロト)』。

※写真左が記入用紙
右が番号控え
ロトとは、1〜46の数字のうちから6つを選び勝負する宝くじのこと。日本でも有名ですね。自分で数字を選べること、当選者が無い場合キャリーオーバーが発生し、次回の当選金額が増えることなど運頼みに重ねて単純かつゲームなどの感覚も味わえることで人気を博しています。


フィリピンの宝くじ

1830年ごろに当時スペイン政府主導で宝くじが始められ広く親しまれましたが、1890年代に起こった革命運動により宝くじは姿を消します。
1930年代、フィリピンアマチュア競技協会より打診された国内のスポーツプロジェクト支援のために、フィリピン政府は宝くじで集金しようと考え復活案を出します。
これにより宝くじは再びフィリピンを賑やかしますが、もともとキリスト教圏の国であることや戦争・紛争・改革などの大事がたて続きに起き、その中で反対の声が根強くあったために運営も大変だったそうです。

フィリピン国内の宝くじを運営している国家慈善宝くじ事務局は1995年、欧米など世界で主流となりつつあった現在の形の宝くじLOTOを正式導入。 フィリピン人の時に刹那的な遊び心が興じたのもあるのか、広く親しまれています。

乗り物

▽電車
フィリピン国鉄(Philippines national railways .PNR)、LRT1、MRT3、またマニラに東西方向の新しい線LRT2号線が開通。
車両によってはクーラーを設置してあるところもあります。



▽車
中には日本からの中古トラックなども見られます。


▽バス
路線はホーチミン市周辺で150以上だとのこと。バスの中には運転手以外に車掌さんがいて、車内で切符を回収しています。日本のバスのように「止まりますボタン」は無いので、降りたい停留所にはバスのドアの前に立つのが合図なのだそうです。その間もゆっくりと走行するので、気をつけて降りなければならないとか。


▽トライシクル
サイドカーや自転車を横付けしたオートバイ風の乗り物。三輪車で、フィリピンではポピュラーな乗り物です
地元の方から観光客まで、タクシー代わりに使用できます。


▽ジープ(ジープニー)
フィリピンではこんな車も走っています。バスのようなもので、乗り合いも良くあるとか。

・写真の車は日本人がオーナーを務めているということで、この塗装だそうです。日の丸に気付かれましたか?






フィリピンのコンビニ
24時間営業のお馴染みコンビニエンスストア。値段は少々高め。現地の方や留学生、外国人の方にも広く利用されています。
フィリピン仕様はいろいろ違うかも?主な品揃えはソフトドリンクを中心にミネラルウォーター、菓子類、食料、生活雑貨。


一軒目のセブンイレブン
ハロウィンの時期に合わせたステッカーが張ってあります。店に外付けされている青いのは電話ボックス。



セブンイレブン

オレンジ・グリーン・レッドのラインが目印のセブンイレブン。フィリピンでは一番多く見られるコンビニです。3〜400ある店舗のうちセブンイレブン本社の直営店は半分ほどで、残りはフィリピンの会社が運営しています。品数は日本のセブンイレブンよりは少ないようですが、多くの方に利用されているようです。

店舗によっては店内に飲食するスペースがあり、近い距離で連立して立っていたりもします。
現地でも公共料金の支払いが可能になるなど、設備が整ってきているようです。
携帯電話のSIMカードは携帯ショップよりも価格が安定しているコンビニでの購入をお勧めします。

二件目↓

こちらは駐車場のスペースが広く、隣にはケンタッキーが見えます。

ミニストップ
品揃えや店内の雰囲気は日本のミニストップとよく似ています。おにぎりの具を日本から輸入しているとかで、味も変わらないようです。
フィリピン定番のデザート、「ハロハロ」を日本で広く認知させたのもミニストップです。店舗増量中。



ただし、もしも怪しい人影を入り口で見かけたら入らないほうが吉。立地場所にも寄りますが、特に都心部の24時間営業店舗は時として現地強盗に狙われやすいのです・・・。主に狙われるのはカウンターではなくお客さんなので、注意と警戒が必要。




連絡手段
▽フィリピンの携帯電話



(左)
3000ペソの携帯電話。NOKIA製でカメラが付いている。
(中央)
300ペソのプリペイドカード。
(右)
やや安めの1500ペソの携帯電話。ノーブランド。音ずれも電波障害もなく東京と問題なく通信できました。


(左)
NOKIA製の携帯電話裏。
(右上)
電話番号が登録されているメモリーカード。このカードを携帯電話に入れ替えるだけで、好みの携帯電話に取り替えることが出来ます。
(右下)
バッテリー。
これを取り外すとメモリーカードが見えます。
現地では買い替えなどのとき(そこそこの頻度で)自分達で入れ替えを行います。(電話番号登録された)メモリーカードさえ持っていれば、携帯機が一つでも仲間内で回せる利便性があるようです。




教会
人口の9割近くがキリスト・カトリックを信仰するフィリピンでは教会も多く建設されました。

七日に一度の安息日には近所の家々から人が集まり、お祈りします。結婚式も各地の教会で挙げ、人生の門出を祝います。

クリスマスなどの行事はキリスト教圏の人々にとっては大事な日。フィリピンでも特別な日という認識があります。出稼ぎなどで国外へ出ていたフィリピン人たちは国へと戻り、家族で過ごします。
おごそかに、というよりは賑やかに11月〜12月一杯を過ごします。





  ≪BACK≪フィリピンの料理TOPへ戻る