料理&フィリピン事情通
1/2
ページ
▼料 理
▼フィリピン事情通 ▽食事情 ▽スポーツ ▽乗り物 ▽コンビニ ▽連絡手段 ▽教会








フィリピンは植民地時代を経て、様々に持ち込まれる文化を吸収、土着させていきました。その結果、スペイン、ファーストフード、中華など多種多様でそれぞれがフィリピン料理と融合しています。近年の和食ブームでフィリピン風にアレンジされた日本食も多くあります。
海に囲まれた島国ゆえに、海鮮系が多いのが特徴。インドなどの暑い国からは香辛料や米を、スペインなどからトマトや西洋風の調理を、中国から揚げ物やとろみのある調理、火鍋、温かいスープを。アメリカからはコーラやファストフードを採り入れてきたようです。しゃぶしゃぶ、丼ものは和食から。



シニガンバボイ-SINIGANG BABOY
豚肉と野菜の酸味スープ
魚介類または肉を具とした酸味のきいたスープです。酸味のもとはタマリンド。 フィリピンの家庭料理で、野菜を多く使い作ります。


チョプスイ(八宝菜)-CHOPSUEY
野菜を炒めてとろみをつけたもの。八宝菜に似たものです。ニンジンが風車のようにカットされています。
野菜のほかに、鶏のレバーや豚の脂身を加えたりします。


ココナッツ-COCONUT

ココヤシの実で日本では椰子(やし)の実とも呼ばれる。
南国フィリピンではポピュラーなデザート。


ココナツ豆知識へ≫


シーシー -SISIG
写真撮影者お勧めの一品。


ライス-RICE
フィリピン料理では、主な主食がお米(炊き米)になります。プリン型に詰められたものを並べて出されるようです。


火鍋

中国料理店の火鍋。メニューはすべて中国語で書かれていました。とても美味しい!




スバキラウ -SUGBA KINILAW-
あぶった魚を冷やし、野菜と一緒にドレッシングで和えたもの。さわやかな酸味で、油物の多いフィリピン料理の食事中の箸休め。口の中がさっぱりします。撮影者お勧め!

カリカリ -KARE KARE-
(もしくはカレカレ)。見た目はカレーのようですが、スパイシーかつまろやか。ピーナッツソースをベースに香辛料と牛や豚などの肉・内臓、大きめに切った野菜を煮込んだスープです。ゴロゴロと入った具にからし色のソースを絡めて左の小皿にあるバゴオンと呼ばれる味の濃い塩辛のようなものを乗せていただきます。
フィリピンで人気料理のメニューの一つで、これを家庭でも手軽に作れるようにインスタントで作れる粉末の素も売られています。


白身魚(ラプラプ?)の揚げもの。手でちぎって食べました。アクロバティックに大変なことになっています。


こちらも魚料理。葉で包んで蒸し焼きにされています。

シズ トーフ-sizz tofu-
フィリピン風厚揚げの炒め物。熱い鉄板の上にのってきます。



海老の炒めもの
ちらしてあるのは細ねぎ。

シニガンバボイ
海老と野菜のスープ。


- フィリピンの煮込みスープ -

レストランなどの食べ物屋でスープを頼むと、どんぶりに入った物が運ばれて来ます。これから分けて食べます。

唐辛子の入った料理もありますが、あまり辛くありません。



ハロハロ HALO-HALO
フィリピンのアイスとカキ氷のデザート。甘く煮た豆、色とりどりの寒天、ナタデココにミルクなどのシロップをかけていただきます。食べ方としては『ハロハロ』は『かきまぜる』という意味通り、スプーンでカップの中身の具材をかき混ぜてから食べるのが主流。
鮮やかな紫はウベという名の紫芋が原料だから・・との知識を仕入れて行ったのですが、現地のフィリピン人いわく(紫のアイスを指して)『グミ』なのだそうです。よくわかりません。

ミニストップが売り出した『ハロハロ』は夏の定番デザートとして、長年親しまれているロングセラー商品になっています。ちなみにフィリピンでは『ハロハロ』はスーパーやお店などでも売っています。

カラマンシー(フィリピンレモン)
シークワーサーやすだちによく似た柑橘類。南国で多く植樹されており、ライムやレモンのように使われます。フィリピンではフィリピンレモンとも呼ばれ、炒め物や和え物などにも添えられています。


レチョン
子豚の丸焼き。祭りのときには欠かせない料理。

ウベアイス
鮮やかな紫色のアイス。このアイスクリーム、名前にもあるウベはイモの一種で鮮やかな色は天然の色。
日本の紫芋をさらに濃くした色です。ウベ(紫芋)はほかにもスナックに混ぜられていたり、いろいろな加工食品に使われるそうです。

バロット
孵化直前のアヒルの卵をゆでたもの。出店などで売られている珍味。見た目があんまりなので、フィリピン通の方でも食した方は多くないとか。軟らかい軟骨の食感がし、味は黄身が多目のゆで卵だそうです。羽毛の部分は食べません。


※このほかに、有名なのは白身で淡泊な味わいの魚、ラプラプを使った料理。から揚げや塩焼きなど、どんな調理にも合うことが特徴。そのほか、ビーフンや春雨を使ったフィリピン風焼きそば「パンシット」など。


デザートのパイナップル:ジューシーでおいしい!

まるごとココナッツジュース
ココナッツ豆知識
ココナッツココナツ椰子から取れるヤシ科の植物の果実。日本では椰子(ヤシ)の実として親しまれている南国のフルーツです。1億年以上前から生息しているとても古い植物で、年に13回開花し、年間を通して収穫ができます。温暖な気候でよく育ち、熱帯から亜熱帯までの地域に分布しています。その種類は2000種以上で、大きさもさまざまです。

ココナッツ果実の内には大きな種子があり、その内部にある胚乳(はいにゅう)を加工して私達の口に入っています。
ココナッツの実ではなく、種の中身を食べているという事になります。
食用にするココナッツの中でも未熟果(熟す前の果実)の種子の中には固形胚乳と呼ばれる白い層があり、中心部には液状胚乳が詰まっています。 固形胚乳はそのまま削り取り生食として食べられ、液状胚乳はそのままジュースとして飲むこともでき熱帯地域での水分補給に役立ちます。

成熟果の胚乳を削り取って乾燥させるとコプラと呼ばれるさまざまなものの原料となります。これはヤシ油となったり、普段私たちが食べるお菓子などの材料になったりします。
ココナッツミルクはこのコプラを細かく刻み水で煮出したり、揉み出したもので、脂肪分が高く白色で料理に入れたり冷やしてジュースにしたりします。

成熟したココヤシの実は硬く、丸のまま手に入れた際は割るのに苦労します。ドリルなどで二箇所に穴を開け、ジュースを取り出しコンクリートブロックなど固い場所へ当てて割ります。中身もやや硬く、ぽりぽりとした食感があります。
未成熟の実はまだ柔らかいため、包丁の背など硬いもので叩くと割れます。ジュースは甘く、中身も柔らかいのでスプーンなどですくい、レモンや醤油などお好みで味付けをしていただきます。

ココナッツミルク(ココナツミルク)は日本でも缶入り200〜400円の値段で購入できます。料理本やインターネットレシピなども豊富にあるので、是非南国の味をご堪能ください。



 料理と値段   1P(ペソ)=約2円
 →フィリピンの飲食店


  NEXT≫フィリピン事情通TOPへ≫